3月14日:東海道新幹線「のぞみ」運行開始日


今日は3月14日(土)「東海道新幹線『のぞみ』運行開始日」です。
平成4年のこの日、東海道新幹線の東京駅-新大阪駅間で「のぞみ」の運行が開始されました。
実は平成4年の3月14日も土曜日(平成4年はうるう年のため、平成27年と同じカレンダーではない)で、当日は朝晩の2往復のみの運転でした。

のぞみの運行当初は現在とは大きく異なっており、「全席指定」「名古屋・京都に停車しない列車が存在する(通称:名古屋飛ばし)」など、これまでの「ひかり」「こだま」と差別化が図られていました。
現在では、利用客への利便性を重視すべく、自由席の導入や停車駅の固定化が行われています。

この「3月14日」という日は新幹線には馴染のある日のようです。
東北新幹線の大宮-上野間が開通したのもこの日。
そして、北陸新幹線の長野-金沢間が開通するのも、平成27年の3月14日。

ますます便利、そして日本が近くなっていく感覚を覚えます。

大須多幸屋(たこや)

大須商店街に2014年9月から登場する癒し処です。 セラピー、カウンセリング、占い、ボディケアなどの癒しスペースと、「大須辻説法」と題するセミナーを連日開催致します。

あわせて読みたい