3月23日:交通系ICカード全国相互利用開始日


今日は3月23日(月)「交通系ICカード全国相互利用開始日」です。
平成25年のこの日に、それまで各地域ごとでしか利用できなかった交通系ICカードのうち10種類が相互利用できるようになりました。

相互利用が可能になったICカードは
JR北海道が発行している「Kitaka(キタカ)」
JR東日本が発行している「Suica(スイカ)」
JR東海が発行している「TOICA(トイカ)」
JR西日本が発行している「ICOCA(イコカ)」
JR九州が発行している「SUGOCA(スゴカ)」
主に関東圏で利用されている「PASMO(パスモ)」
名古屋市交通局・名古屋鉄道が発行している「manaca(マナカ)」
スルッとKANSAIが発行している「PiTaPa(ピタパ)」
福岡市交通局が発行している「はやかけん」
「西鉄」こと西日本鉄道が発行している「nimoca(ニモカ)」
の10種類です。

ICカードの相互利用については改札などのシステムに改変が必要であるため、慎重な姿勢をとる事業者が多いなか、ICカード乗車券の普及や利便性を向上させるには、避けては通れないと判断し、相互利用に踏み切ったようです。

利用者としてはとてもありがたい技術ですが、実用化まではそれは大変だったのでしょうね。

大須多幸屋(たこや)

大須商店街に2014年9月から登場する癒し処です。 セラピー、カウンセリング、占い、ボディケアなどの癒しスペースと、「大須辻説法」と題するセミナーを連日開催致します。

あわせて読みたい