3月25日:電気記念日


今日は3月25日(水)「電気記念日」です。
明治11年のこの日、東京で初めて電燈が灯った日とされています。
電燈が灯った場所は東京の虎ノ門で、中央電信局の開局祝賀会が開かれた「工部大学校(現在の東京大学工学部)」

式場に50個のアーク灯が点灯され、会場を照らし出したそうです。
ただ、この当時の電灯は1時間明かりをつけるために50円(現在の約8万円に相当)もかかるため、実用レベルとまではいかなかった模様です。

アーク灯は白熱電球に取って代わるまでは、電燈の主力でした。
その分ノスタルジックな気分に浸れる、貴重な明かりかもしれません。

大須多幸屋(たこや)

大須商店街に2014年9月から登場する癒し処です。 セラピー、カウンセリング、占い、ボディケアなどの癒しスペースと、「大須辻説法」と題するセミナーを連日開催致します。

あわせて読みたい